無重力ピエロを観た、あとフィッシュストーリーも

公開日: : 最終更新日:2015/02/04 映画

伊坂幸太郎原作の無重力ピエロ。原作は、らしい作風で、個人的には好きな方。

一番好きなのは、ゴールデンスランバーと週末のフールかな。

なんだかんだで相当、この人の小説を読んでるし、映画も観ていることに気がついた(;一_一)

ゴールデンスランバーを皮きりに、フィッシュストーリーもアヒルと鴨のコインロッカー、無重力ピエロまで観てしまったではないか。

個人的に、小説も映画も最高だったのがゴールデンスランバー。

今や半沢直樹で大注目の堺雅人をこの映画で初めて観た。

ストーリーも秀逸だったし、堺雅人がはまり役だったんだよなぁ。

2回も観てしまったではないか。

そして、あっと驚くアヒルと鴨のコインロッカーは、よく映像化できたなと言う感じで良かった。

まほろ駅前多田便利軒のコンビが出ていてちょっと面白かったり。

フィッシュストーリーは、恐らく一連の映画の中では、一番いまいちだったような気がする。

小説だと奇想天外さがうまくつながって面白いんだけど、映画だとつながりに腹落ち感が無いんだよなぁ。

ハゲタカの鷲津さんが出てましたねw

そんで、満を持して?無重力ピエロを観た訳だけど、ちょっと題材が難しかったかなと。

流れが小説のテンポなんだよなぁ。

原作を生かそうとして言葉を入れ込もうとすると、映像で語れば良い部分まで殺してしまう。

ちょっと役者が言葉に振り回されている感じで観ていて安心できないんだな。

井坂幸太郎独自の言い回しも、映像が伴うと軽くかんじてしまってぐっと来ないなぁ。

まあ、映画は映画で色々変えている部分があって、苦労の跡がうかがえるけどね。

うーむ、悪くもないけど、飛び抜けて良くもなかったのが残念だったなぁ。

 

関連記事

記事はありませんでした

Comment

  1. Rain より:

    There is a critical shortage of iniftmarove articles like this.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
計画は悲観的に、実行は楽観的に(2)

前回は、計画が楽観的になってしまう可能性について述べたが、それではどう

no image
計画は悲観的に、実行は楽観的に(1)

ビジネスの中でよく言われるのが「計画は悲観的に、実行は楽観的に」という

no image
難しいシナジー2

こういったことは自明なのにも関わらず、多くの店がシナジーという名のもと

no image
難しいシナジー1

事業間のシナジーは幻想だなんて言う人もいるが、決して極端な言い回しでは

no image
インバスケット対策その3

インバスケット対策その3としてインバスケットのプロセスを振り返ってみる

→もっと見る

PAGE TOP ↑