自分があるか

公開日: : 最終更新日:2013/10/09 ビジネス , ,

とうとう我が社でも正社員を雇用した。新人というには歳を食っているが、最年少ではあるし、新人と呼んで差し支えないと思う。

その新人君の質問が僕を苛つかせる。

「僕さん。この印刷は両面でいいっすか?」

「僕さん。すいません。Googleドライブ使ってもいいっすか?」

仕方が無いので、僕はこう言う。

「君は何をしたいんだ?」

別に言葉遣いに苛ついているわけではない。質問から”自分なりにどう考えて、どうしたいのか”が見えないのだ。結局、僕が考え、僕が責任を負っている。仕事を任せたのにも関わらず、だ。

なぜ、新人君からこのような質問が発せられるのか、考えられる背景は2つだ。

”正解を自分以外に求めているから”か、”失敗したくないから”だ。

両者に因果関係はある。例えば、一応自分の考えはあるが、失敗したくないから他者に意見を求める人だ。こういう考え方をする人は大体嫌なヤツだ。人に質問しておいて「いや、それは~」というのは朝飯前。挙句の果てには、あの人がこういったからと責任を押し付ける。こう言ってはなんだが、ああ言ったらこう言うタイプ、公務員に多いタイプだ。

我が社の新人君は、失敗したくないのは少々、どちらかというと正解を求めている方だ。自分の意見が無いから簡単なことでも判断ができず、人に正解を求めている。

これは、我が社の新人君に限らない。

仕事柄多くのビジネスパーソンを見ているが、自分なりの方針や判断基準を持っている人は少ない。大手の上場企業のビジネスパーソンですらそうだ。そういう人は自分で判断を下さず、物事を右から左へ投げてしまう。曰く「ルールだからやって」、「上の方針だから やって」とか、自分以外の判断基準に頼ることが多い。

恐らく、今までの学校教育で正解ばかりを追い求めてきた所為だろう。

それは、彼らを指導する上司にも言えるだろう。我慢しきれず正解を提示してしまうのだ。僕も、ついつい新人君に代わって「これはこうしたら」と判断を下すミスを犯している。

これは結果的に、自分で判断できない責任を取れない丸投げ人間を作ってしまう。そんな人が管理職、経営陣になったらどうなるか、言うまでもない。

大企業でコーチングの導入が推進されている背景にあるのは、こういったことだろう。

我が社も風が吹けば吹っ飛ぶような零細企業だけど、悩みは同じだ。

新人君が自分で答えを出すようになるまで我慢が必要だろうが、我慢しないツケを将来的に払うのは自分たちだ。

勇気を持って「君はどう思う?」と言おうと思う。今これから。

関連記事

no image

テレビは良くてゲームは駄目か(後)

テレビは良くてゲームは駄目か(前)の続き 判断はせいぜいどのチャンネルを選ぶか位である。

記事を読む

no image

インバスケット&グループ討議の手順

ここでは、インバスケット&グループ討議つまりIBGDの実施手順について書いています。 インバス

記事を読む

no image

事務作業

自分で事業をやるとなると必ずつきまとうのが経理。 記帳と領収書の整理は定期的にしないと取り返し

記事を読む

no image

インバスケット演習を概観する

管理職に進もうとしているなら、あなたは、インバスケットを練習すると考えたがっているかもしれません。

記事を読む

no image

勉強に走る

どうも、何かに行き詰まったり、どうにか物事を打開したいときに、勉強に走る人って結構多いと思う。 人

記事を読む

no image

経営者候補を創るインバスケットゲーム

企業には常に優秀なリーダーが求められます。 ときにリーダーは組織を率いて目標に邁進し、様々な障

記事を読む

no image

ながら作業が止められない!

どうしてもやる気がでないという時がある。 僕の場合、いつもだから困ったもんだ。 そいう場

記事を読む

no image

インバスケット対策その1

インバスケットとは何か改めて振り返ってみる。 それは、内容が本当の管理職をシュミレーションしたロー

記事を読む

no image

インバスケット演習の構成

インバスケット演習のシナリオは、中立的で、既に知られている職責や組織に似てないように設計されています

記事を読む

no image

インバスケットは能力教育

インバスケットとは、能力教育の一つとされており、限られた時間の中で多くの案件を高精度で処理するバーチ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
計画は悲観的に、実行は楽観的に(2)

前回は、計画が楽観的になってしまう可能性について述べたが、それではどう

no image
計画は悲観的に、実行は楽観的に(1)

ビジネスの中でよく言われるのが「計画は悲観的に、実行は楽観的に」という

no image
難しいシナジー2

こういったことは自明なのにも関わらず、多くの店がシナジーという名のもと

no image
難しいシナジー1

事業間のシナジーは幻想だなんて言う人もいるが、決して極端な言い回しでは

no image
インバスケット対策その3

インバスケット対策その3としてインバスケットのプロセスを振り返ってみる

→もっと見る

PAGE TOP ↑