難しいシナジー1

公開日: : ビジネス

事業間のシナジーは幻想だなんて言う人もいるが、決して極端な言い回しではないと思っている。

勿論、限られた業界の数件の事例だけで、シナジーと言う経営的な概念を否定しようと思わないが、シナジーを発揮するのはかなり難しいとは言えるような気がしている。

いままで関わった事業者のなかで、大体失敗しているパターンが、製造販売であるテイクアウト店が飲食店に事業拡大するパターンだ。

話を単純化するために、製品市場マトリクス(製品市場戦略)で考えてみる。

テイクアウト店が飲食店に進出する場合は、製品市場マトリクスだとどの象限にあたるのか。

<製品市場マトリクス>

既存市場・既存製品=市場浸透

新市場・既存製品=新市場開拓

既存市場・新製品=新製品開発

新市場・新市場=多角化

テイクアウトしたい顧客と店の中で飲食を楽しみたい顧客は異なるため、新市場に進出していると言えるし、製品の販売からサービスの販売というように全く違う価値を提供していることから、多角化ということが出来るだろう。

例えば、夕飯のおかずを買いに来る主婦が主な顧客が惣菜の販売店が食堂を開設した場合、顧客と製品はどうなるのか考えると分かりやすい。食堂の顧客は一人暮らしのサラリーマンなどが主な顧客になり、製品は惣菜から定食に変わるだろう。

(2へ続く)

関連記事

no image

インバスケット思考の罠

様々なインバスケット本が出てますね、インバスケット思考とか。 読んだ方はどう思っただろうか?

記事を読む

no image

事務作業

自分で事業をやるとなると必ずつきまとうのが経理。 記帳と領収書の整理は定期的にしないと取り返し

記事を読む

no image

難しいシナジー2

こういったことは自明なのにも関わらず、多くの店がシナジーという名のもとに、殆ど同じ製品で、似たような

記事を読む

no image

テレビは良くてゲームは駄目か(後)

テレビは良くてゲームは駄目か(前)の続き 判断はせいぜいどのチャンネルを選ぶか位である。

記事を読む

no image

インバスケット対策その3

インバスケット対策その3としてインバスケットのプロセスを振り返ってみる。 インバスケットのプロセス

記事を読む

no image

インバスケット演習の構成

インバスケット演習のシナリオは、中立的で、既に知られている職責や組織に似てないように設計されています

記事を読む

no image

テレビは良くてゲームは駄目か(前)

昔、親によってテレビゲームの時間とテレビの時間が制限されていた。 よりテレビゲームの時間制限の

記事を読む

no image

計画は悲観的に、実行は楽観的に(1)

ビジネスの中でよく言われるのが「計画は悲観的に、実行は楽観的に」ということだ。 事業計画の策定

記事を読む

no image

インバスケット&グループ討議の手順

ここでは、インバスケット&グループ討議つまりIBGDの実施手順について書いています。 インバス

記事を読む

no image

フレームワークハァハァ

最近、~フレームワークという題名の本が増えたように思う。 僕は立ち読みも含め随分その手の本は読

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
計画は悲観的に、実行は楽観的に(2)

前回は、計画が楽観的になってしまう可能性について述べたが、それではどう

no image
計画は悲観的に、実行は楽観的に(1)

ビジネスの中でよく言われるのが「計画は悲観的に、実行は楽観的に」という

no image
難しいシナジー2

こういったことは自明なのにも関わらず、多くの店がシナジーという名のもと

no image
難しいシナジー1

事業間のシナジーは幻想だなんて言う人もいるが、決して極端な言い回しでは

no image
インバスケット対策その3

インバスケット対策その3としてインバスケットのプロセスを振り返ってみる

→もっと見る

PAGE TOP ↑