難しいシナジー2

公開日: : 最終更新日:2015/02/04 ビジネス

こういったことは自明なのにも関わらず、多くの店がシナジーという名のもとに、殆ど同じ製品で、似たような顧客を狙っている。そもそも、テイクアウト店が繁盛している為、事業を拡大しようとしているのであるから、最大限シナジーを生かそうとするのも無理もない。

しかし、全く違う市場と違う製品・サービスに進出しているのにも関わらず、同じように売れるというのは少々傲慢だろう。上記の例をそのまま援用した場合、主婦が好むものと一人暮らしのサラリーマンが好むものは全く違う。

おそらく、そんなことは最初から分かっていると事業者は言うだろう。

しかし、多くのテイクアウト店は、近くに飲食店を構える。オーナーが行き来できる範囲で店を構えるのだろう。これも人的なシナジーを目的としていると言えるかも知れない。

同じ地域内で、別の顧客をターゲットにするというのは、それだけで悪いとは言えないし、名前が知られていればそれなりの集客効果は望めるだろう。しかし、本当に市場規模があるのかどうかという点では、いささか見込みが甘い。

市場があるところに製品やサービスを投下するのが本質的な商売なのにも関わらず、製品やサービスがあれば市場が生まれると思っているのだ。

では、どうしたら成功する可能性が高められるのか。

基本的な考えとしては、テイクアウトの店を別の地域で展開する方がよいだろう。

資金があれば、直営店、なければフランチャイズという選択肢も考えられる。

そちらのほうが、リスクが高いように見えて、無謀な多角化に走るよりずっと成功の可能性は高い。

ブランドや、ノウハウ、原材料の仕入等、いくらでもシナジーが発揮できるはずだ。

関連記事

no image

仕事中に音楽を流すのはありか

これって既に結論が出ている話なのかも知らんけど、仕事中に音楽を流すのは有りなのか否か。 会社で

記事を読む

no image

ボランティアの憂鬱

何の気なしに、寄付を募るボランティア団体の脇に立ってみた。 単純に待ち合わせで立つ場所がなかっ

記事を読む

no image

テレビは良くてゲームは駄目か(後)

テレビは良くてゲームは駄目か(前)の続き 判断はせいぜいどのチャンネルを選ぶか位である。

記事を読む

no image

インバスケット思考の罠(続き)

インバスケット思考の罠の続き しかし、そもそもインバスケットの目的は人の思考面をアセスメントす

記事を読む

no image

インバスケット対策その1

インバスケットとは何か改めて振り返ってみる。 それは、内容が本当の管理職をシュミレーションしたロー

記事を読む

no image

経営者候補を創るインバスケットゲーム

企業には常に優秀なリーダーが求められます。 ときにリーダーは組織を率いて目標に邁進し、様々な障

記事を読む

no image

良いインバスケット、悪いインバスケット

インバスケットというと、インバスケット自体はさておき、どのように高評価を得るのかということに興味が行

記事を読む

no image

フレームワークハァハァ

最近、~フレームワークという題名の本が増えたように思う。 僕は立ち読みも含め随分その手の本は読

記事を読む

no image

インバスケット対策その2

インバスケット対策その1の続き。 これらの問題に対処する為には、同じ組織のレベルのチームや部署

記事を読む

no image

勉強に走る

どうも、何かに行き詰まったり、どうにか物事を打開したいときに、勉強に走る人って結構多いと思う。 人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
計画は悲観的に、実行は楽観的に(2)

前回は、計画が楽観的になってしまう可能性について述べたが、それではどう

no image
計画は悲観的に、実行は楽観的に(1)

ビジネスの中でよく言われるのが「計画は悲観的に、実行は楽観的に」という

no image
難しいシナジー2

こういったことは自明なのにも関わらず、多くの店がシナジーという名のもと

no image
難しいシナジー1

事業間のシナジーは幻想だなんて言う人もいるが、決して極端な言い回しでは

no image
インバスケット対策その3

インバスケット対策その3としてインバスケットのプロセスを振り返ってみる

→もっと見る

PAGE TOP ↑