インバスケットが開発する能力

シミュレーションゲームの一種であるインバスケットとは、ある特定の事例に対して、実際にその現場にいる人物になりきった場合、どのような行動をとることがもっとも適切であるのかをシミュレーションするゲームです。インバスケットでは、与えられた条件の中、制限時間内にいかにして目標をクリアするのかを一人一人が考えることになります。実際のビジネスの現場においても、このような条件や制約はつきまといますので、インバスケットを実践することで個人の総合能力が開発されていきます。ビジネスの現場では、無制限に時間や資本があることはほとんどなく、常に限られた予算と時間の中でいかにして大きな成果を生み出すかがビジネスマンには求められます。もちろん、それぞれの立場によって優先されるアイデアとそうでないアイデアも存在しますので、このような特定の人物になりきってゴールを目指すというシミュレーションゲームは、現実の自分の立ち位置を知る重要な手がかり、ヒントにもなります。インバスケットを繰り返すことで総合的な能力は開発、やがて実際のビジネスの現場においても常に限られた状況下でもっとも効果の高いパフォーマンスを出せる思考ができるようになりますので、ビジネスに限らず様々な分野で注目を集めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Ymcmb より:

    Arcetlis like this are an example of quick, helpful answers.