インバスケット対策その2

インバスケット対策その1の続き。

これらの問題に対処する為には、同じ組織のレベルのチームや部署との協働や水平的な協働が必要だ。

同様に、組織の目的を達成するためには、組織の異なるレベルの間で交流をすることも必要だ。

管理職はパートナーシップの将来の方向性に沿って、関係する組織との協力体制をつくりあげ、組織内で鍵となるプレーヤーの相談に応じる。

管理職はその人間と財源が効果的に使われること確実にするため、業務活動と予算をモニターするための必要なフィードバックの仕組みを確立する。

全てのメンバーの能力と責任を考慮に入れて、管理職は上記の活動が公正且つ最適に割り振られるようにする。

管理職はメンバーを効果的に導き、継続して学習できる環境を提供し、彼らの成長を支援するものだ。」

以上がある公的機関の管理者の定義だが、ご覧の通り、公的機関においては、何が有能な管理者を形作るかについては非常に明確だ。

候補者はこのような定義をよく知っておいた方がよいだろう。

アセスメントを導入している企業では、人事との話し合いのなかで、その企業の管理者の定義をディメンジョンに分解して評価軸とする。

インバスケットでは、回答を評価する際に、このような定義が非常に重要だと言うことをお分かりいただけたかと思う。

インバスケット対策その3へ続く

おススメのインバスケット対策

インバスケット演習(A)・FB付き

インバスケット演習課題(A)・フィードバックサービス1回付き

インバスケット演習(A)・FB付き・テキスト付き

インバスケット演習課題(A)・フィードバックサービス1回+対策テキスト2点【購入特典つき】

インバスケット演習課題(B)・回答例付き+対策テキスト2点【購入特典つき】

インバスケット演習課題(B)・回答例付き+対策テキスト2点【購入特典つき】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする