インバスケット&グループ討議の手順

ここでは、インバスケット&グループ討議つまりIBGDの実施手順について書いています。

インバスケット演習では、演じる役割の何らかの情報を受講者に与えます。

次に、受講者にインバスケットの演習を与えて、特定の時間以内に取り組んでもらいます。

すべての受講者がインバスケットを完成した後に、グループ討議が行われます。

グループ討議は大体4~6名で行われます。

グループ討議では、ある1~2案件について議論を深めるという共同作業を行います。そのアウトプットは模造紙に書き、その他のグループと講師の目の前で発表することもあり得ます。

場合によっては、講師との議論が行われます。

この議論では、研修員は意思決定の根拠について説明することになります。

そして、講師は、できの良くない解答に対し、代替手段を増やすようなフィードバック、より強い根拠に基づいてた意思決定を受講者に与えます。受講者が適当な決定をするのに必要である全体の情報を蓄積するためにお互いに議論しなければならないことはとても重要です。

結果的に意志決定スキル、コミュニケーションと対人能力を開発します、業務遂行能力を向上させます。戦略的知識を開発します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SabRi より:

    Fell out of bed feeling down. This has brheetgnid my day!