事務作業

自分で事業をやるとなると必ずつきまとうのが経理。

記帳と領収書の整理は定期的にしないと取り返しのつかないことになる。

本来は税理士に記帳代行から決算代行までお願いしたいところだけど、なんだかんだで月1.5万円はかかる。

安いと思われるかもしれないが、今や自分で会計ソフトを使えば記帳などは技術・知識的には余裕でできる。

面倒くさいのがたまに傷だけど。

その税理士だが、やたら営業が来る。

一度、登記をすると、公開されるわけだから新たに登記した法人に向かってダイレクトメールを送ることが可能なのだ。

まあ、会社の情報は個人情報にはあたらないので、仕方のない部分であるが、税理士の業界も競争、競争で、結構な数のダイレクトメールが届く。

すいません、全部捨ててますけど。

一応目は通すのだけど、結局税理士の業界も価格競争にせざるを得ないんだなという印象を受けるほどサービス内容は代わり映えしない。

法人向けには、経営コンサルティングまでサービスの幅を広げられるかどうかは、結構重要なポイントだけど、そこまで出来る方はあまり多く無い印象。

むしろ、ちょっと目にしたことのある”決算代行のみ”というほうが顧問料という名のよく分からないサービスにお金を払わなくて済む分、こちらとしても気が楽だ。

結局、コンサルもそうだけど、供給過多な状況は変わらない。まあ、量ばかりで質が伴ってないような気がするけど。
人の事は言えないか。

豊富なコンサル事例があれがまだしも、自身で経営したことの無い人に経営コンサルを任せるのはちょっとないだろうなと言う感じ。

だって、自分で頼みたくないもんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Deepak より:

    Thanks for sharing. Your post is a useful couniibntrot.