テレビの無い生活

テレビの無い生活を初めて、2ヶ月。

結局、インターネットで月額の有料定額動画を観るようになって1ヶ月だ。

どうしても、人の顔や言葉に触れたくなるのかもしれない。

ただ、テレビのようにこちらが受け身のメディアから離れると、好きな時に好きな動画(数は限られているけど)が観れるのは、若干充実感がある。

逆に、世間には疎くなるし、場合によっては明日に台風が来ることさえ分からない時があるのがたまに傷である。

自らが能動的に情報を得ないといけない訳だから、天気を気にする習慣がある人以外は、テレビのような情報の垂れ流しがないと、傘を持たずに外出をしてしまったりなんてことをしてしまう。

ただ、余計な情報が目や耳に入らなくなったのは事実である。例えば、どこぞで殺人事件があったなんてことは、痛ましい事件ではあるが、知ったところで井戸端会議のネタにしかならない場合が殆どである。

ワイドショーの芸能人ネタなんてものは、その典型である。

そんな、情報から解放されるというのは、ふとさびしい時はあるけど、なんだかさっぱりした気分だ。

なんとなく、余計な情報が頭の中に入らない分、記憶力も増したような気がする。ただ気がするだけの可能性も大きいけど。

結局は、動画を観てしまうのだが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Rayana より:

    Holy Toodle, so glad I clicked on this site first!