インバスケット演習の構成

インバスケット演習のシナリオは、中立的で、既に知られている職責や組織に似てないように設計されています。

なぜならば、インバスケット演習は受験者の知識を問うものではなく、管理職としての潜在能力を観測するものだからです。

とはいっても、ある一定のテーマというものはあります。

管理職の為のインバスケットは以下のような一般的なマネジメント上の問題を扱うように構成されています。

・従業員のモチベーションやモラール
・人間関係の対立
・新しい手続きの実施
・社外の社員の扱い
・上長や部下に対する権限委譲
・生産性の問題
・従業員の能力開発
・仕事の組織化、効率性
・組織活性化

これらの問題を構成するためには、選抜の為のアセスメント・センターメソッドを発展させる為の基礎に寄与することを目標として様々な職位や様々な組織のマネジメント事例が調査されます。

そして、インバスケットの内容は、従業員のモチベーションとモラールへの理解をもって全員参加の原則を駆使しつつ、一報で組織の優れた成果に対するコミットメントを維持しながら、関係者を巻き込んでいくような管理職を選抜する為に設計されています。

結果的に、インバスケットは高い精度で受験者をふるいにかける事ができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Vlad より:

    If I comtunicamed I could thank you enough for this, I’d be lying.