インバスケット法とは

インバスケット法とは架空の設定上の案件をより高い精度で一定時間に大量に処理することを目標とする、バーチャルビジネスゲームのことを指します。

インバスケット法の歴史は古く、1950年代にアメリカで発案されたと言われ、軍のトレーニングに用いられたのが始まりとされています。

そして現在では多くの企業の昇進や試験や適正調査、さらには研修などで使用されています。

インバスケット法では、本質的な問題解決力を重視しており、例えば、案件の処理件数から判断される生産性はもちろんですが、分析力、判断力、戦略的思考力、組織活用力など総合的な面から評価されるのが特徴と言えます。

具体的な問題としては、例えば、ある商品の担当リーダーという設定で限られた制限時間の中から、条件や希望の異なる数社に取引の提案を行う際、どの取引先から優先して訪問するかなどといった問題です。

このようにインバスケット法では設定された役職や案件があり、それに応じた意思決定を行います。

一般的に回答は人それぞれで異なり、求められる回答も業種によって様々だと言われていますが、実践的なケーススタディにより総合的なスキルアップを図れるトレーニングとしても注目を浴びています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Luca より:

    Kudos to you! I hadn’t thghout of that!