インバスケットのビジネス効果

インバスケットとは、和訳すると未処理の箱になります。

わかりやすく言い換えると、架空の人物になりきり、様々な課題に対応するバーチャルビジネスゲームのことです。

ビジネスの現場では常に新しい出来事に対して臨機応変に対応することが求められます。

既に多くの経験を積んだビジネスマンであれば、柔軟にどのような問題にも対処することができますが、経験の浅いビジネスマンではそれも難しくなります。

インバスケットが注目される理由はここにあります。

様々なシチュエーションに挑戦することで、ビジネスマンは現在の課題を正しく理解、より効果的な方法で問題を解決する総合力を身につけることができるようになります。

ビジネスの最終的な目標とは利益を出すことです。しかし、そのプロセスにおいては絶対的な回答は存在せず、人それぞれ異なる正解が存在します。

インバスケットはこのような一人一人の問題解決能力を高めるビジネストレーニングとしての側面がありますので、最近では多くの企業が人材育成の手法として採用し、導入が進んでいます。

企業で働く従業員だけでなく、経営者もインバスケットを実践することでより効果の高い経営戦略を練られるようになり、それが企業の繁栄に大きく貢献します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Roderick より:

    That adesdsres several of my concerns actually.