喫煙で顔が老化する??

前回、JTをネタにしてみたので、煙草繋がりのネタ。

喫煙で顔が老化すると米ケース・ウェスタン・リザーブ大学のチームが発表したとのこと。
母数は双子79組。

そのうち45組は非喫煙者と喫煙者の組み合わせ。そして、その組み合わせをみると喫煙者が老けて見える確率が57%とのこと。

えーっと・・・結局約2分の1じゃん。

ってことは適当に選んでもそんな確率になるよね。結論は、喫煙者と非喫煙者でかわりませんよねということではないのか。

この実験意味なくねw

そもそも、双子で検証するということがほぼ無理だと思う。

本質的には、仕事も含めたライフスタイルや食生活が全く同じという前提でないと、非喫煙・喫煙という変数以外のノイズが大きすぎて、比較のしようがないからだ。

睡眠時間が4時間と8時間の双子のを比較したら、それだけでかなりの影響があるような気がする。

大学のチームと言われるとさもすごいようだが、学会誌に載ることがすごいのかと言われるとそれもよく分からない。

そもそも、大学の教授は教えているだけでは飯を食えないから、色々な団体からお金を貰ってケツ持ちの論文を書くことが多い。

例えば、リーマンショックの引き金となったデリバティブについては、超有名大学の学長やらなんやらが、顧問料として金融機関から報酬をもらった上で、デリバティブは金融の流動性と安全性を促進する云々のケツ持ち論文を書いていたのは有名なことだ。

このケースも決して純粋な研究として行われたものではない可能性もあるだろう。

だって、結論が超強引ですから。

個人的に煙草は一切吸わないし、煙草を吸う女性はちょっと嫌なので、この記事を鵜呑みにしてもらえると結構うれしいかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする