勉強に走る

どうも、何かに行き詰まったり、どうにか物事を打開したいときに、勉強に走る人って結構多いと思う。
人のことは僕も言えないけど。どうしても、勉強というツールを採用したくなる。気づくと、海外通信制MBAの情報を検索していたり。
こういった人は、高学歴の人に多いきがする。まあ、酒やギャンブルに走っちゃうよりマシだけれども。
勉強するんだったら、目標が必要ということで、資格を狙う。
そうすると、困ったときは資格という、なんだか資格の予備校が喜びそうなことになる。
勉強して、いい大学行って、いい会社に入って、昇格試験で良い点数とってという、高度成長期の大多数の人の考え方がまだまだ残っているのかもしれない。

勉強、多いに結構である。
第一、日本人は会社に入ると安心して勉強しなくなると言われている。
自分の経験でも、回りに常に勉強している様な人は殆どいなかった。
だから、勉強しないよりする方がずっとましだ。

その否定論は、仕事をしっかりやることが重要だ。仕事をしっかりやりさえすれば良いのだという考え方である。
それは間違いではない。
会社にとっては良い社員だし、美談だろう。
ただよく考えると本人にとって良いかどうかは分からない。
何か次のステップを考えるときはどうしても、能力や知識のブラッシュアップは必要である。
例えば、別の会社に転職活動をするにあたって、転職エージェントに登録したりすると、今までの職歴の範囲内でしか仕事は紹介されない。彼らはある種企業の採用の一部をアウトソーシングで請け負っている訳で、そこはシビアである。とすると、新しい業界にチャレンジするためには他のアピールポイントが必要になる。それが資格だったりする訳だ。

日頃から、勉強は欠かさずにしたいものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Jarka より:

    Oh yeah, faouubls stuff there you!