テレビは良くてゲームは駄目か(後)

テレビは良くてゲームは駄目か(前)の続き

判断はせいぜいどのチャンネルを選ぶか位である。

日本の試験や教育は、未だに漢字の書く順番を覚えさせたり、選択肢のある中で正解を選ばせたりすることばかりだ。つまり、出題者の意図した答えを導きだすことに主眼が置かれている。

教育もそうで、お茶の間の娯楽もこちらの判断を奪うような情報発信のみしかない。

テレビで放送される映画だって、次の作品が映画館で封切られるものが圧倒的に多い。どう考えたって映画館への誘導目的だ。

カッコよく言ったとしてもプロモーション。

大体、口を開いてニュース番組を観ているだけだと福島の原発の現状が殆ど伝えられない。

もう既に終わったかのようだ。

阿部総理の原発はコントロール下であるという妄言は取り上げられず、その代わりにクリステルのおもてなし動画ばかりが流れている。

結局他人の判断で流される情報を受け取っているだけだからして、こちらも思考停止するだけだ。

ちなみに、アホな番組ばかりを作っていたディレクターの友達がいたが、常識的にはかなり外れていた。

そんな人が流す情報をうのみにしてしまったら、まるで常識外れの人間になってしまうと思うのだが。

そんなこんなで、基本的にテレビは見ないことにしている。

個人的には自分からアクションを起こしてテレビゲームを行う方がよっぽど頭にはいいと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする