仕事中に音楽を流すのはありか

これって既に結論が出ている話なのかも知らんけど、仕事中に音楽を流すのは有りなのか否か。

会社でも、音楽をかけているところもある。例えば、単純作業の工場でも有線を流しているところがある。

まあ単純作業だからそうでもしないとやってられないのかもしれない。

店舗系でも音楽流すのは当たり前。じゃあ、例えば普通の事務作業とかパソコンの前に座って作業することが多いような会社ではどうなのかなとちょっと思った。

視点は二つ、お客様から電話がかかって来たときに音楽がかかってたらどう思われるかと音楽を流すことで事務作業の効率が悪化するのか、それとも良化するのか、ということだ。

ここでは、効率性云々について考えてみたい。

結論としては、邦楽とか洋楽のボーカルものは駄目でインストはありかもしれないということだ。

我々の脳は右脳と左脳で出来ている。それは当たり前。そして、左脳は言語をつかさどっていると言われている。それも当り前。

パソコンに向かう作業で多いのは、左脳を使う作業だ。計算するとか文章を作るとか、プログラムを書くとか。

その時に、外部から言葉が投げかけられたらどうか。つまり、邦楽の歌詞などが耳に入ってくる状態で、集中して仕事ができるのかということだ。

モーツアルトは作曲する際に、妻に本を朗読させたという。その方が良い曲が書けたのだろう。理由としては、左脳を潰して、右脳だけで作曲したのではないかと言われている。

そんな話を踏まえると、歌詞が耳に入ってくる状態では、左脳はその言葉を理解しようとするはずであり、そうすると左脳はその処理に力を注がずを得なくなり、結局は集中が妨げられるのではないか。

まあ、真面目に検証などしてないので、ただの適当な仮説である。

その仮説に従うと、英語の分からない日本人としては洋楽を聴くのはOKで、インストメンタルなら言葉が無い分よりベターだと思う。

まあ、勿論あまりにファンキーな音楽だと全然意味ないし、国際的な会社だとネイティブもいるだろうから、洋楽は省いた方が良いかもしれない。

さて、今までは、マイナス面に着目して書いてきたけど、音楽によるプラス効果があれば場合によってはマイナス効果をうち消すだけの効率性をもたらすかもしれない。

どうも聴くことによってα波を出す事が出来る音楽があるらしい。らしいというのは、勿論本当かどうか分からないからである。

どうやら、リラックスしているときに出ているのがα波であり、音楽を聴くとリラックスできるからα波が出るというのが本当のところらしい。ということは、リラックスしてストレスを和らげる為に、仕事中に音楽を流すのは有りかもしれない。
リラックスしすぎて、ぼーっとしたり寝てしまったりしたら全く意味ないけど。

また、音楽によるリラックス効果なんて、誰かがどなり声を上げたら霧散してしまうけど。

そういったことを踏まえると、大人しめのインスト程度なら仕事中に流してもありなような気がする。

自分でも軽やかなインストを聴いていると仕事の進みが良いような気がする。

というよりも、仕事をしたくないなあと思っている時に音楽をかけてとりあえずパソコンの前に座るとなんとなく仕事がやり始められる。そういう意味では、音楽がないとニッチもサッチもいかないようなものだ。

やはり、仕事中は音楽をかけるに限る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    I simply could not leave your website before suggesting
    that I extremely enjoyed the standard information an individual provide in your guests?
    Is going to be back continuously to check up on new
    posts